介護がこれからの事業と言われる理由

これから介護事業を経営する人に向けて、少しでも側面支援できるサービスを提供したいという思いからこの介護事業開業支援サービスを立ち上げました。

ご承知の通り、介護事業(介護サービス事業)を始めるためには、会社を設立(法人登記)し、都道府県又は市町村に事業者指定申請を行い、その指定を受けて「指定介護事業者」になる必要があります。

これから介護事業を経営されるみなさまは、これまで介護事業所での経験のある方もいれば、全く未経験の方もおられると思います。

当サイトでは、比較的参入しやすい介護事業の要件や必要書類の解説をしております。

介護事業の指定申請は、都道府県によって申請の流れは異なりますが、役所へ何度か足を運べば書類の作成はできると思いますので、お時間のある方はご自分でされるのもよいでしょう。

しかし、開業準備に「専念したい」、「時間がない」というような方は、是非当事務所をご利用ください。

当事業所では、施設系、居宅系はもちろんのこと介護タクシーやヘルパースクールなど教育系に至るまで事業を立ち上げ、業務経験のあるスタッフが対応いたしますので、書類上だけでなく開設後の売上げの上げ方や介護ネットワークの作り方までアドバイスをさせていただきます。書類作成には、ヘルパー兼行政書士も目を通しますので安心してご依頼をいただけます。

早く、安く、正確に申請書類の作成はもちろんのこと、法人設立や助成金に関する相談等も含め、介護事業の開業および開業後のサポートもさせて頂きますので、お気軽にご相談をお待ちしております。

お知らせ

デザインをリニューアルしました。

デザインを一新し、スマートフォン、携帯からも閲覧出来るようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加