介護保険制度について

介護保険制度とは

介護保険制度とは、被保険者が介護を必要とする状態になったときに必要なサービスが提供される公的社会保険制度です。介護保険は一定の年齢になったら誰でも自動的に介護サービスを利用できるのではなく、介護サービスを受けたい人が、サービスの提供を申請したときに事業者がサービスを提供する制度です。ただし、申請者全員がサービスの対象になるとは限らず、申請した内容について、市区町村が認定(要介護・要支援認定)した人に対して事業者が介護保険による介護サービスを提供することになります。
介護保険のシステムを運用している機関を保険者といいます。具体的には市町村や特別区です。特別区は、東京都の23区のことを言います(以降の説明で市区町村と表記した場合には、特に注記しない限り、特別区を含めます)。
原則として40歳以上の人がなる被保険者は、第1号被保険者と第2号被保険者に分かれています。
65歳以上の人が第1号被保険者で、医療保険に加入している40〜64歳の人が第2号被保険者です。介護保険制度では、被保険者が住んでいる市区町村がその被保険者の保険者となります。

ただし、誰でも介護サービスが提供されるというわけではありません。事業者は、市区町村へ申請を行った申請者のうち、要介護・要支援の認定を受けた者に対してサービスを提供することになります。市区町村(正確には介護認定審査会)に介護サービスを受ける必要がないと判断された場合、要介護・要支援の認定を受けることができず、介護保険を利用したサービスを受けることはできません。認定を受けると、介護が必要な要介護状態にある場合には要介護1〜5,要介護ほどではないが支援が必要な要介護状態にある場合には要支援1・2という区分にさらに分けられます。認定を受けた人が実際に受けることのできるサービスは、その区分によって異なりますが、大きく分けると介護給付と予防給付に分けられます。

(1)第1号被保険者・・・65歳以上の方
(2)第2号被保険者・・・40歳以上65歳未満の方
※(1)、(2)に該当する全ての方は介護保険料の納付義務があります。

被保険者のうち、保険者(市区町村)より認定を受けて資格者証を交付して貰った方が「受給」を受けられます。

■保険者(市区町村)より認定を受けられる人

第1号被保険者 寝たきりや痴呆などで常に介護を必要とする状態(要介護の状態)の人や、家事や身支度など、日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)の人
第2号被保険者 初老期痴呆、脳血管疾患など老化が原因とされる15種類の病気(特定疾病)により、要介護状態や要支援状態になった人

■老化が原因とされる16種類の病気(特定疾病)

  • 筋萎縮性側索硬化症(A.L.S)
  • 後縦靭帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 初老期における認知症
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症(ウェルナー症候群)
  • 多系統萎縮症
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患
  • パーキンソン病(大脳皮質基底核変性症)
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 慢性関節リウマチ
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  • 末期ガン

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0800-808-1881 月〜金 9:00〜18:00(土日祝は除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加